トニーの blog

鉄道オタクで、にわかビットコイントレーダーのトニーです。最近はやりのアフィリエイターを目指して活動しようと思っています。気になることがありましたら、遠慮なくコメントに残していってください。

冬休みは青春18きっぷで旅に出よう!

 

まだ秋だというのに冬休みの話をしますが、もうすぐ青春18きっぷのシーズンです。

 

青春18きっぷはJR各社が発行している乗り放題切符で、旅行なんかに最適な切符なのですが、意外と詳しいことを知っている方って少ない気がします。

 

 

青春18きっぷとは?

決して若い人しか使えないというわけではなく、老若男女問わず使用できる、JR全線で使用できる乗り放題切符です。

 

お値段は大人子供一律11850円で、5回(人)分使用できます。

1枚の切符に5回分の欄があり、1人で5回分使用したり5人で1日だけ使用することも可能です。

 

販売期間は春休み(2月20日~3月31日)、夏休み(7月1日~8月31日)、冬休み(12月1日~12月31日)、使用期間は春休み(3月1日~4月10日)、夏休み(7月20日~9月10日)、冬休み(12月10日~1月10日)です。

 

日本全国のJR線の普通、快速電車の普通車自由席と、BRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーで使用することが出来ます。

 

 

新幹線、特急、急行、JR線と直通している路線、JRバスは使うことが出来ません。

 

ただし、以下に特例で青春18きっぷを使用することが出来ます

 

  • 青い森鉄道(青森ー八戸間、青森ー野辺地間)については、この区間を通過する場合に限り普通列車自由席に乗車できます。ただし青森、八戸、野辺地に限り下車可能です。この区間を超えて利用する際は全区間の運賃が必要です。
  • あいの風とやま鉄道(高岡ー富山間)は、普通列車自由席に乗車してJR線へ通過利用する場合に限り利用できます。高岡、富山のみ途中下車が可能です。この区間を超えて利用する際は全区間の運賃が必要です。[あいの風ライナー]を利用する際はライナー券を購入すると乗車できます。
  • IRいしかわ鉄道(金沢ー津幡間)については、普通列車自由席に乗車してJR線に通過利用する場合に限り利用できます。金沢、津幡のみ途中下車できます。この区間を超えて利用する際は全区間の運賃が必要です。

 

  • JR奥羽本線(青森―新青森間)、JR石勝線(新得ー新夕張間)は、該当区間内相互発着に限り、青春18きっぷのみで特急、急行列車の普通車自由席に乗車できます。またJR奥羽本線(青森ー新青森間)に限り、全車指定席の快速列車の空いてる席に乗車することも可能です。
  • JR宮崎空港線(宮崎ー宮崎空港間)に限り特急列車の普通車自由席に乗車できます。
  • 2018年3月17日より、JR佐世保線(早岐ー佐世保間)に限り特急列車の普通車自由席に乗車できますただし、

(ただし、これら特例区間を超えて乗車する場合は、全区間の乗車券と特急券(急行券)が必要になります。

  • 有効な青春18きっぷをお持ちの方で、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入すると、北海道新幹線(奥津軽いまべつー木古内間)及び道南いさりび鉄道(木古内ー五稜郭間)をそれぞれ片道1回分のみ乗車できます。

 

 

長距離の移動をするときはこれらを有効活用しよう!

関東から東海道本線で西へ向かう場合、夜行快速ムーンライトながら(東京ー大垣)を使うと、座席指定券520円で乗車することが出来ます。

ただ、日付をまたいで乗る場合は青春18きっぷを二日分使用することになります。

日付が変わる前の停車駅は小田原(大垣方面から東京方面へ向かう場合は豊橋)(2018年3月2日現在)なので、その日に2370円分も使用しない場合は、それらの駅までの乗車券を購入すると安く済ませられます。

 

例:上野から大阪へムーンライトながらを乗り継いで向かう場合に必要な乗車券

上野ー小田原の乗車券、ムーンライトながら座席指定券、青春18きっぷ

 

また自由席のグリーン車のある普通列車と快速列車は、別途でグリーン券を購入すると乗車可能です。ただし、指定席のグリーン車は青春18きっぷではなく乗車券がないと乗車できません。

 

 

普通車・快速列車の指定席車に乗車する場合は座席指定席券を、「ホームライナー」等の列車に乗車する場合は事前に料金を支払うと乗車することが出来ます。

 

※2018年10月末日現在、青春18きっぷで乗車できる夜行快速は「ムーンライトながら」、「ムーンライト信州」です。ただし、2018年度冬休みは共に運行期間が短い為、あらかじめ運行日を確認しましょう。特にムーンライト信州は、白馬行きの下り列車しか運行しませんので注意してください。

 

まとめ

ちなみに私は東京からムーンライトながらを乗り継いで大阪まで行き、一泊してから四国に行ったことがあります。

 

JR四国はバースデー切符を発行しており、こちらはすべての列車に乗り放題でグリーン車にも乗れちゃいます。

 

皆さんも休み期間を活かして列車旅に出てみてはいかがでしょうか。